別 名
所在地 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
築城者 織田信長
築城年 天正4年(1576)
廃城年 天正10年(1582)
現 状 国史跡安土城跡
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定特別史跡
評 価
 上洛を果たした信長は京都に近く琵琶湖の水運を最大限に利用するための居城として安土城を築いた。天下布武の象徴たる絢爛豪華な城は西の湖の湖面にその優美な姿を映していたが、本能寺の変が起きた後の混乱の中で猛火に包まれた。火を放ったのは明智秀満とも織田信雄とも言われているが、土民の略奪の最中で失火があったとも思える。昔も今も統制を失った群集心理ほど恐ろしいものはない。
 信長の死後、誰もこの城を居城とする者は現れなかった。右大臣となった信長の居城を受け継ぐことに畏怖を感じたのかもしれない。そのおかげで現代の我々は当時から何も足されない姿を見て歩くことができる。
安土城 羽柴秀吉邸跡 秀吉邸跡の石垣
大手道の石仏 前田利家邸跡 武井夕庵邸跡
黒金門跡 二の丸跡の枡形虎口 二の丸跡
二の丸跡の織田信長廟所 二の丸跡の石垣 本丸跡の石垣
本丸跡の石垣 本丸跡の虎口 天主台の石垣
本丸跡 天主の礎石 本丸跡からの眺望
 織田信長の居城として知られる安土城は想像を掻き立てられる城である。少年時代に写真で見た風景はとても良かったが、僕が訪れたのはは整備事業後の姿で少し味気なく感じたのも事実だった。安土駅は普通の田舎駅となっているが、信長が本能寺で斃れなければ今はどうなっていたことだろう。
 信長が登った大手道を一段ずつ登る。石仏や墓石が埋め込まれているのを見ると信長の宗教観を感じさせてくれる。二の丸の信長廟に手を合わせてから天主台が残る本丸へと向かった。この二の丸から本丸へ続くあたりの石垣が安土城の中でもいちばん好きな場所である。天主台に佇み当時の姿に思いを馳せる。有名な復元図が先入観としてあるが想像するだけで胸が高まる。六層とも七層とも言われた天主はどのような姿だったのだろうか。
 普通に見ることができるのはここまでで城域のほとんどは立入禁止となっていた。建物があるわけでもないのに安いとは言えない入場料も疑問に感じたものだった。発掘成果や調査結果を見るたびに思うが一部の城郭研究者は一般の来訪者のことを忘れてはいないだろうか。安土城は国の文化財なので誰がいつ訪れても満足できる城でいてほしいと思う。信長も落成式には市井の人々を招いたが今は敷居の高い城となっているのが残念だと思う。おそらく信長も苦々しく思っていることだろう。
JR東海道本線「安土」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・近江城郭探訪/サンライズ出版
2000/02/12・2012/12/07