福島城
 
別 名
所在地 滋賀県近江八幡市宮内町
築城者 羽柴秀次
築城年 天正13年(1585)
廃城年 文禄4年(1595)
現 状 瑞龍寺
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考 続日本100名城
評 価
本丸 石垣
遠景 八幡堀 二の丸 石垣
本丸 虎口 本丸 石垣 西の丸 石垣
北の丸 出丸 眺望
 
 二十歳のときに近江八幡を訪れたがなんて美しい街だろうと思った。その後も二度訪れたが、街並みはそれほど変わらず嬉しかった。八幡堀はいつも静寂に支配され、山頂の城跡もそれほど観光客が押しかけることもなく凛としている。山頂から見る琵琶湖の美しさは言葉で言い表せないほど好きになった。
 言うまでもなく八幡山城は豊臣秀次の居城である。その飛躍的な生涯と悲劇的な最期は叔父の秀吉によって造られた。子がなかった秀吉の後継者となった秀次の未来は眩いばかりの輝きに満ち溢れていたことだろう。若い秀次のために秀吉は古参の家臣を与え、自らも助言を与えて八幡山城を築かせた。それは旧権威だった織田信長の安土城に代わる象徴という意味合いもあったと思う。豊臣家の御曹司として秀次の官位は目まぐるしく上がり関白とまでなった。秀次の機嫌を取り結ぼうと大名や公家たちはこぞって自分の娘を側室として差し出したが、その栄耀栄華は10年後に突然として終わりを告げた。それと同時に秀次に関わるすべてが滅び人も城も消え去った。尾張の農夫として生涯を送っていればこれほどまで馬鹿げた人生を送らずに済んだと思うと、八幡山城の遺構もとても悲しく見えてくる。
 ロープウェーで山頂へ着くとそこはもう二の丸である。まるで城門のような瑞龍寺の山門をくぐると本丸があり、散策路に沿って歩くと築城当時の荒々しい石垣が残っている。隅部を見ると算木積みの完成には至っていないことがわかる。壮麗な建物が建ち並んでいたであろう八幡山城の美しくも寂しげな雰囲気はまるで喜劇のような秀次の生き様をそこに感じるからだろう。
JR東海道本線・近江鉄道「近江八幡」下車 近江鉄道バス「長命寺」行で「大杉町」下車
近江鉄道八幡山ロープウェー「八幡城址駅」下車 徒歩0分
2000/02/12・2012/12/07 日本城郭大系/新人物往来社
近江城郭探訪/サンライズ出版