福島城
 
別 名
所在地 滋賀県近江八幡市宮内町
築城者 羽柴秀次
築城年 天正13年(1585)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石垣
羽柴秀次像 石垣 石垣
 
 八幡山城から眺める琵琶湖の景色に心を奪われてしまうせいか、羽柴秀次居館跡へ着くのはいつも夕方になってしまう。鬱蒼とした竹藪の中に豪壮な石垣が残っているが、昼なお暗い場所にあるためになかなか綺麗に撮影ができたことがない。悲運の貴公子秀次はこの居館でどのような思いで日々を過ごしたのだろうか。真っ直ぐに伸びる大手道の脇には重臣たちの屋敷も並んでいた。秀次失脚で連座した者もいれば、山内一豊や田中吉政のように大名へと取り立てられた者もいる。悲喜こもごもの人間模様を感じさせられる場所だった。
 
JR東海道本線・近江鉄道八日市線「近江八幡」下車
近江鉄道バス「長命寺」行で「大杉町」下車 徒歩5分
 
2000/02/12・2012/12/07 近江城郭探訪/サンライズ出版