福島城
 
別 名 武双山湖月城
所在地 滋賀県近江八幡市浅小井町
築城者 浅小井長家
築城年 鎌倉時代
廃城年 戦国時代
現 状 農地
遺 構 石垣・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
遠景
 
 何とも不便な場所だった。安土駅と近江八幡駅のちょうど真ん中ぐらいの距離で、駅からのバスもなく歩いて訪れたが、当時は歩道もない車の往来が激しい道路を歩かされた。横を大型トラックがお構いなしに走り抜ける。それから10年以上を経て同じ道を通ったが、道も広くなり少しは快適になっていた。
 浅小井城付近は平坦な田んぼが広がるだけでこれといった目印がなく厄介だった。水に浮かぶような城だった浅小井城は、戦後の干拓により何の変哲もない水田と化し、居館跡と呼ばれる若干小高い場所が残るのみだった。
 
東海道本線「安土」下車 徒歩30分
 
2000/02/12 日本城郭大系/新人物往来社