別 名 佐保城
所在地 滋賀県彦根市佐和山町
築城者 佐保時綱
築城年 建久年間(1190〜99)
廃城年 慶長11年(1606)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 石田三成の居城として有名な佐和山城は鎌倉時代に近江源氏佐々木氏の一族佐保時綱が築いたという。中世を通じて近江の要衝であり浅井長政は猛将磯野員昌を配置し織田信長は重臣の丹羽長秀を城主に据えて上洛時は自らの宿舎としている。豊臣秀吉の時代もそれは変わらず堀秀政や堀尾吉晴が佐和山城主を務めている。
 文禄4年(1595)に石田三成が城主となり五層の天守が築かれたという。その壮麗な天守が聳えたという本丸からの眺めはとても美しかったが、三成も自身が見下ろす丘に井伊氏が彦根城を築くとは夢にも思わなかっただろう。慶長5年(1600)に三成は関ヶ原の戦いで敗れ小早川秀秋らの大軍が佐和山城を攻め落とした。戦後は井伊直政が城主となるが新たな居城として彦根城が築かれたために佐和山城は廃城となり、石垣のほとんどは持ち去られて山ごと平らになるまで徹底的に破壊されてしまったという。
佐和山城と大手道 外堀跡 内堀跡と土塁
法華丸跡 法華丸跡尾根にある堀切 太鼓丸跡
太鼓丸跡の残存石垣 西の丸跡 西の丸跡の土塁
西の丸跡の堀切 千貫井 本丸跡の残存石垣
本丸跡の残存石垣 本丸跡 本丸跡からの眺望
 彦根城は何度か訪れているが佐和山城はなかなか行けなかった。人の目はどうしても華やかな側を向く。佐和山城は遠目に見るだけで登ることはなく時が過ぎた。近江で一泊旅行をしたときにようやく佐和山城へと登った。
 誰もいない平日の佐和山城を歩く。僕は南から登り太鼓丸と法華丸から見て歩いた。破城の爪痕は大きく石垣もほとんどが彦根城の築城で持ち去られている。これまで知られていなかった本丸南の石垣を見たが今にも崩れそうだった。西の丸の土塁は見学路となり踏み均されていた。二の丸へ向かう途中で散策を終えて大手方面へ降りた。大規模な破城の影響で全体的に驚くような遺構は少ないが大手道から振り返る佐和山城は力強く見えた。
 近江鉄道の軌道を横切るときに猿の群れと出会った。不思議と恐怖感はなく木から木へ飛び移る様を感心しながら眺めていた。大手口には今も土塁と水堀が残っている。あまり訪れる人もいないようだが三成と島左近が通った道だと思うと感慨深いものがあった。
JR東海道本線・近江鉄道「彦根」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・佐和山城ガイドブック/彦根市教育委員会
2013/03/26