福島城
 
別 名 瓶割山城
所在地 滋賀県近江八幡市長光寺町
築城者 佐々木政堯
築城年 応仁2年(1468)
廃城年 天正4年(1576)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 石垣
遠景 土橋 堀切
二の郭 主郭 堀切と土橋
石垣 石組み井戸 眺望
 
 織田家の猛将柴田勝家が瓶割柴田の異名を取った山城なので楽しみにして訪れた。放射冷却による寒さのきつい朝だったが、快晴の日に登る山城は清々しい気持ちにさせてくれる。
 戦国時代の近江の山城はどれも見応えがあるものばかりだが、長光寺城はかなり見劣りがする山城だった。柴田勝家の伝承によるところが大きいのだろう。実際には相当に古式な遺構と言わざるを得ないほどあっさりとした城だった。高く積まれた石垣も草木に埋もれてあまり見栄えがよくない。もっとも瓶割柴田の伝承は創作とされている。頭ごなしに否定するつもりはないが史実ではないと思う。
 
近江鉄道八日市線「武佐」下車 徒歩30分
 
2012/12/07 日本城郭大系/新人物往来社
近江の山城/サンライズ出版