別 名
所在地 滋賀県東近江市五個荘日吉町
築城者 後藤但馬守
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 佐生日吉城は六角氏の重臣後藤但馬守が築いたとされる。六角氏の家臣が築いただけに石垣の積み方が観音寺城とよく似ているし、佐生日吉城から尾根を南へたどれば観音寺城へ着く。今も道があるのかはわからないが、六角氏は観音寺城を攻められると家臣の城へ逃げ込んでいるが、重臣の後藤氏が守った佐生日吉城もそういった役割を果たしていたのだろう。
佐生日吉城 岩屋観音 城跡への道標
堀切 主郭跡の石垣 主郭跡の石垣
虎口の石垣 主郭跡 主郭跡の土塁
 この日は早朝から三雲城跡に登っている。前日の寝つきが悪くて1時間半ほどしか眠ることができず、体調が今ひとつだったため水口城はあきらめて東海道本線で長浜へ戻りつつ城廻りを続けた。東海道本線なら列車の待ち時間も少ないし駅から近い城が多い。
 佐生日吉城の石垣はひと目見たいと思っていた。城の構造は単純だが高く積まれた石垣は魅力的である。岩屋観音へ登る道は傾斜も緩やかだった。参道入口の手前で大きく道が蛇行する場所に佐生日吉城への道標があった。そこからは下りの道が続くのだが、この道がとても長くせっかくここまで登ってきた苦労が消し飛ぶような気持ちになった。小さな堀切を越えて道が平坦になるといきなり巨大な石垣がそそり立つ。唐突に石垣が現れたので驚きもしたが、高さもあって実に見事な石垣だと思った。ここからは往路に戻ることなく東の尾根伝いに下った。
東海道本線「能登川」下車 徒歩30分
近江の山城ベスト50/サンライズ出版
2017/12/05