別 名 瓶割山城
所在地 滋賀県近江八幡市長光寺町
築城者 佐々木政堯
築城年 応仁2年(1468)
廃城年 天正4年(1576)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 応仁の乱が起きた頃に六角高頼と争った佐々木政堯が築いたという。長光寺城の名を高めたのは元亀元年(1570)の野洲河原の戦いである。織田信長に観音寺城を追われた六角義賢は旧臣と甲賀衆を掻き集め野洲川に布陣し、南近江の守りを固めていた佐久間信盛と柴田勝家の軍勢と戦った。戦いは織田軍の圧勝に終わっているが、この戦いの前哨戦で六角軍が勝家の守る長光寺城を攻めたとされている。そのとき水源を断たれた勝家は水の入った瓶を粉々にして決死の覚悟で城から打って出て六角軍を蹴散らしたというのは有名な話だが、これは後世の創作とされている。
長光寺城 登山道入口 一騎駆けの土橋
三の郭跡 竪堀 米蔵跡
二の郭跡 堀切と土橋 主郭跡
主郭跡の石垣 井戸跡 長光寺城からの眺望
 織田家の猛将柴田勝家が瓶割柴田の異名を取った山城なので楽しみにして訪れた。放射冷却による寒さのきつい朝だったが、快晴の日に登る山城は人を清々しい気持ちにさせてくれる。近江八幡駅で借りた自転車から降りたときに手がかじかんでた。指を曲げたり伸ばしたりしながら登山道の標識を頼り北側の尾根から登っている。
 戦国時代の近江の山城はどれも見応えがあるものばかりだが長光寺城は少し見劣りがした。期待が大きくなるのはやはり柴田勝家の伝承によるところが大きいのだろう。実際には相当に古式な遺構と言わざるを得ないほどあっさりとした城だった。登り始めてほどなく石積みが現れたが城の遺構とは思えない積み方だった。堀切は浅く埋もれ気味で郭も土塁で囲まれてはいない。主郭の南側には高く積まれた石垣があるが草木に埋もれてあまり見栄えがよくなかった。土橋と石で補強された井戸は見応えがあり何よりも近江平野の眺望が綺麗だった。
近江鉄道八日市線「武佐」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・近江の山城/サンライズ出版
2012/12/07