福島城
 
別 名 谷殿屋敷・友定城
所在地 滋賀県近江八幡市武佐町
築城者 谷氏
築城年 長享元年(1487)
廃城年
現 状 宅地
遺 構 水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
水堀
 
 近江鉄道の武佐駅から旧中山道を東へ進むと道の左側に冠木門の建つ場所がある。このあたりが武佐宿脇本陣跡であり、谷氏館の南端にあたる場所という。武佐町会館の案内板に谷氏館のことが触れられており、館跡を示す標識も設置されていた。住宅街と雑木林の境界に水堀があるが、他に遺構は見当たらない。
 谷氏は近江守護佐々木氏に仕えた土豪で南北朝時代にはその名前が見られる。佐々木氏が金剛寺城を築いて拠点を移したときに谷氏もそれに従い館を築き移り住んだ。佐々木氏の後裔六角氏が織田信長に滅ぼされると谷氏も没落したものと思われる。武佐宿は清州城主時代の織田信長が上洛したときに美濃の斎藤義龍が放った刺客に襲われた地でもある。
 
近江鉄道八日市線「武佐」下車 徒歩10分
 
2012/12/07 日本城郭大系/新人物往来社
武佐宿脇本陣案内板