福島城
 
別 名 佐々木城
所在地 滋賀県近江八幡市安土町石寺
築城者 六角氏頼
築城年 建武2年(1335)
廃城年 永禄11年(1568)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考 日本100名城
評 価
御館 石垣
遠景 本丸 石段 本丸 石垣
本丸 虎口 本丸 石垣 本丸 土塁
落合屋敷 石垣 池田丸 土塁 池田丸 石垣
平井丸 埋門 平井丸 虎口 眺望
 
 観音寺城は一度は訪れておきたい城だった。城が好きな人なら誰もがそう思う城ではないだろうか。山中に眠る無数の郭をすべて回るのはとても無理なので、見栄えのする遺構ばかりを歩いているが、それだけで十分すぎるほどだった。
 麓から生真面目に石段を登ったが、石の大きさが不揃いなのでとても疲れる。息を弾ませて観音正寺へ着いたが、しばらくは休憩所で動けないほどだった。冬のよく晴れた日で空気が清々しい。遠くのほうまでもよく見渡せる。
 汗も乾いたところで再び歩き始める。本丸はそれほどでもなかったが、平井丸、池田丸を見ていくうちに凄味を感じていた。池田丸ではとても印象深い出来事があった。斜面から草を掻き分ける音がする。ここは熊は出ないはずだがと思い覗き込むと少年が斜面を上がってきた。聞けば斜面の石垣を見てきたという。その少年とは休憩所でしばらく話し込んだ。いろいろ話をするうちに自分と同じ愛知県出身ということや自分のWebサイトを見てくれていることがわかった。旅先でこんなに嬉しい出会いはない。彼とは半年後にも同じ滋賀県の鎌刃城を訪れたり、僕が埼玉県の城を案内するなどの交流が続いた。今はもう立派な社会人になっているはずだが、この日のことを覚えてくれているだろうか。澄み渡る冬の空を見ると時々この日のことを思い出す。
 
JR東海道本線「安土」下車 徒歩50分
 
2012/12/07 日本城郭大系/新人物往来社
近江城郭探訪/サンライズ出版