福島城
 
別 名 佐保城
所在地 滋賀県彦根市佐和山町
築城者 佐保時綱
築城年 建久年間(1190〜99)
廃城年 慶長11年(1606)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
本丸 石垣
遠景 水堀 法華丸
太鼓丸 西の丸 土塁 千貫井
本丸 石垣 本丸 眺望
 
 彦根城は何度か訪れているが佐和山城はなかなか行けなかった。人の目はどうしても華やかな側を向く。佐和山城は遠目に見るだけで登ることはなく時が過ぎた。近江で一泊旅行をしたときにようやく佐和山城へと登った。
 誰もいない平日の佐和山城を歩く。これまで知られていなかった本丸南の石垣を見たが、今にも崩れそうだった。全体的に見て驚くような遺構は少ないが、帰路に選択した大手道で振り返ったときの佐和山城は力強く見えた。近江鉄道の軌道を横切るときに猿の群れと出会う。遭不思議と恐怖感はなく、木から木へ飛び移る様を感心しながら見ていた。
 石田三成の居城として有名だが、歴史は鎌倉時代にまで遡る。中世を通じて近江の要衝にあり、六角氏と浅井氏の時代は重臣が置かれ、織田信長は信頼する丹羽長秀を城主としている。豊臣政権でもそれは変わらず、秀吉は股肱の臣を佐和山城主にしている。本丸からの眺めはとても美しかったが、三成も自身が見下ろす丘に井伊氏が彦根城を築くとは夢にも思わなかっただろう。
 
JR東海道本線・近江鉄道「彦根」下車 徒歩20分
 
2013/03/26 日本城郭大系/新人物往来社
佐和山城ガイドブック/彦根市教育委員会