福島城
 
別 名
所在地 滋賀県彦根市肥田町
築城者 高野瀬隆重
築城年 大永年間(1521〜28)
廃城年 文禄2年(1593)
現 状 農地・宅地
遺 構 土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁と水堀
石碑 土塁と水堀 土塁と水堀
 
 二泊三日の近江旅行は天候に翻弄され、雪となった賤ヶ岳をあきらめて二日目は晴天の南近江となった。前日は寝つかれず疲れを抱えたまま山城の三雲城と佐生日吉城に登ったので、そこからは宿のある長浜を目指したが、投宿するには時間が早かったので水攻めで知られる肥田城に立ち寄ることにした。
 冷たい北風が吹きつける中、少しふらつく足取りで肥田城へ着いたが、軽い目まいを起こすぐらい疲労が激しい。肥田城は平城のため大部分が水田となっているが、水攻めされるぐらいなので元々がこんな感じの城だったろうと思う。町割りはよく残され歩くのは楽しかった。田畑の脇に建つ石碑がとても絵になるが、このあたりが城の中心部だったらしい。環濠集落から発展した城と思われ、古い地図を見るとその成り立ちがわかる。集落の突き当りまで歩くと土塁と水堀がある。案内板には江戸時代の築堤遺構ということが書かれていたが、肥田城の土塁と水堀を再利用したものだろう。
 豊臣政権の黎明期に長谷川秀一が肥田城主となっている。秀一の統治期間は10年程度で、その間は秀吉の天下統一の合戦に駆り出され、城の普請をする暇もないまま朝鮮へ出兵しているから、水堀や石垣を築く時間はなかったと思う。朝鮮出兵で病を得た秀一は帰国後に病没し肥田城も廃城となった。
 
JR東海道本線「稲枝」下車 徒歩25分
 
2017/12/05 日本城郭大系/新人物往来社
わたしの町の戦国/彦根市教育委員会