福島城
 
別 名
所在地 滋賀県米原市番場
築城者 土肥氏
築城年 室町時代
廃城年 天正2年(1574)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考 続日本100名城
評 価
北郭 虎口
遠景 堀切 二の郭 堀切
二の郭 石垣 二の郭 土塁 主郭 土塁
大石垣 北郭 大堀切 眺望
 
 よくこれだけ山深い場所に城を築いたと思うくらいに鎌刃城は山奥にあった。前年に近江八幡市の城を訪ね歩いたときに知り合った少年とそれからもメールのやり取りをしていたが、米原市と彦根市周辺の城を廻る計画を伝えると鎌刃城を案内してくれるという。当日は米原駅で待ち合わせをして鎌刃城へ向かった。
 番場集落の街並みを眺めつつ突き当りまで行くが本来の登山道は封鎖されていた。仕方なく迂回して鎌刃城を目指すこととなった。遥か彼方にある鎌刃城はその姿すら見えない。九十九折れをした山道を延々と歩き、青龍の滝まで来たときに少し一息つけた。
 峠道の切通しからは切り立つような細尾根を歩く。いくつもの堀切を乗り越えて鎌刃城へ着いた。当時はここまで山奥にある城を訪ねたことがなかったので感無量だった。遺構はほとんどそのまま残っている。発掘と整備がされたことで虎口の石垣はとても綺麗に見えた。北尾根の斜面には高さのある大石垣が残る。
 一人で行くには心もとない山城であり、少年との邂逅がなければおそらく訪れていなかったと思う。この頃はまだ僕も少しだけ若かったので疲れることもなく下山後に太尾山城と佐和山城へ登っている。人との出会いと城との出会い、いろいろなことがあるから人生は本当に面白いものだと思うし、時々懐かしく思い出すことがある。
 
JR新幹線・東海道本線・北陸本線・近江鉄道「米原」下車
近江鉄道バス「養鱒場」行で「西番場」下車 徒歩1時間20分
 
2013/03/25 日本城郭大系/新人物往来社
近江の山城ベスト50を歩く/サンライズ出版
 
熊出没注意