福島城
 
別 名
所在地 滋賀県米原市米原
築城者 米原氏
築城年 室町時代
廃城年 元亀2年(1571)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 米原市指定史跡
備 考
評 価
堀切
遠景 南城 主郭 南城 二の郭
北城 二の郭 北城 堀切 眺望
 
 山奥にある鎌刃城への行程でかなり時間を費やしてしまったが、米原駅から近いという理由で太尾山城に登ってみた。境目の城として六角氏と浅井氏が争った地域でもある。少しだけ登りはきつかったが、遺構の状態は良好だった。
 太尾山城の特徴は北城と南城という二つの城が尾根上に展開していることである。尾根の真ん中にある岩盤を削り堀切を入れている。この堀切は登山道から登り切った場所にあった。写真ではうまく伝わらないがなかなか見事な堀切だった。北尾根にある盗人岩から眺める風景は雄大で気分が晴れやかになる。遺構の規模はそれほどでもなかったが、あの高揚感は今も忘れていない。
 
JR新幹線・東海道本線・北陸本線・近江鉄道「米原」下車 徒歩30分
 
2013/03/15 近江の山城ベスト50を歩く/サンライズ出版
太尾山城跡案内板