福島城
 
別 名
所在地 滋賀県米原市番場
築城者 土肥氏
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
遠景
 
 米原駅から県道を東へ進むと番場集落への入口がある。中山道の宿場町らしい落ち着いた街並みが残り、赤い弁柄の旧家が建ち並ぶ姿が印象的だった。番場城は番場集落から名神高速道路に沿って分け入った場所にある。西番場のバス停近くに鎌刃城へと続く林道があるが、林道が高速道路の下を潜ったところにある山が番場城である。比高差の少ない山で直登してもそれほど時間はかからないようだ。
 鎌刃城を訪れた後に立ち寄ろうと思っていたが、その往復で疲れていたことや彦根市内の城を見たい思いが強かったので番場城へ登ることはしなかった。小規模ながら土塁や堀切が残り麓には居館も残されている。
 
JR新幹線・東海道本線・北陸本線・近江鉄道「米原」下車
近江鉄道バス「養鱒場」行で「西番場」下車 は徒歩25分
 
2013/03/25 日本城郭大系/新人物往来社