福島城
 
別 名
所在地 滋賀県長浜市湖北町伊部
築城者 浅井亮政
築城年 永正13年(1516)
廃城年 天正3年(1575)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考 日本100名城
評 価
本丸 石垣
遠景 金吾丸 御馬屋
馬洗い池 黒金御門 本丸 大広間
大堀切 中丸 虎口石垣 京極丸 虎口石垣
山王丸 石垣 山王丸 石垣 眺望
 
 暮れの近江を旅した。若い頃から司馬遼太郎に傾倒していたので近江好きは司馬さん仕込みだと思う。山城に登り琵琶湖を見ているときが何よりも幸せに感じる。それまでは安土城、彦根城といった云わば勝者の城ばかり見てきた。敗れ去った者の城を見たいと思い、旅の始まりは小谷城からとなった。
 寒い日だった。曇り空は次第に晴れ渡ってきたが、師走の滋賀県は凍てつくような寒さだった。ペットボトルが買ったときよりも冷たい。金吾丸から山王丸までは誰にも会わなかった。早朝だったこともあって小谷城を独占できた。さすがに浅井氏の居城だけあって石垣も立派で郭の面積も広い。山王丸に着いてひと休みしていると雪が降り始めた。次第に吹雪いてきたので大嶽城はあきらめた。
 浅井氏は最近の研究で朝倉氏の支配下にあったという論考が見られる。浅井長政も織田信長と手を切り朝倉氏と運命を共にしている。長政自身は古い考えに捉われる人ではないと思うけど、先代の久政や古参の家臣の気風は変えられなかったのだと思う。小谷城を歩いてみても背後の大嶽城と入口にあたる金吾丸は朝倉氏が兵を配置しているし、焼尾峠にも朝倉軍が布陣している。こうなると浅井氏は朝倉氏に従わざるを得ないような造りに思えた。お市が兄信長に両端が塞がれた小豆袋を贈り信長は浅井の裏切りを悟ったという逸話があるが、小谷城そのものが両端を縛られた小豆のような場所にあるのが印象に残った。
 
JR北陸本線「河毛」下車 徒歩30分
 
2012/12/06 日本城郭大系/新人物往来社
 
熊出没注意