福島城
 
別 名 内野御構
所在地 京都府京都市上京区糸屋町
築城者 豊臣秀吉
築城年 天正14年(1586)
廃城年 文禄4年(1595)
現 状 宅地
遺 構 石垣
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 この日の旅のテーマは石碑廻りだった。遺構のある城は亀山城と二条城だけで、あとはすべて石碑を探して歩く旅となった。京都へは何度か旅行しているが、聚楽第を歩いたことはなかった。豊臣家の全盛期の象徴とも言えるこの城はもう何も残っていないが、その跡を歩いてみたいという気持ちは強く持っていた。
 豊臣家の光と影を見てきた聚楽第は豊臣秀次の失脚と同時に狂ったような破壊が行なわれた。石垣の一部と移築された門があるだけで現地を歩いてもいくつかの石碑があるだけだった。秀吉は不世出の英雄だが、秀次が関白になった頃の秀吉は英雄のなれの果てだった。秀頼が誕生してからは暴君でしかなく、一門や股肱の家臣を多く殺したり追放したりしている。
 聚楽第に着いた頃、ぽつぽつと雨粒が落ちてきた。石碑を撮影して立ち去るときに雨が強くなった。路面が雨に濡れる匂いがする。秀次の悲運を見届けた城から立ち去ると次の目的地である二条古城へと向かった。
 
JR新幹線・東海道本線・山陽本線・山陰本線・奈良線・近鉄「京都」下車
京都市営バス「立命館大学前」行で「大宮中立売」下車 徒歩3分
 
2016/09/21 日本城郭大系/新人物往来社
建築家秀吉/人文書院