福島城
 
別 名 太閤御屋敷・太閤御所・三本木屋敷
所在地 京都府京都市上京区京都御苑
築城者 豊臣秀吉
築城年 慶長2年(1597)
廃城年 寛永4年(1626)
現 状 京都御所
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
京都御所
 
 丹波亀山城から始まった旅の最後は京都御所だった。御所へ着くと激しい雨となり散策どころではなかった。当日の京都市の降水確率はたしか0%だったから傘は持って行かなかったが、亀山城から小雨に降られた。
 京都新城は最近になって名付けられた名称で、当時は太閤御屋敷などと呼ばれていたらしい。文字通り秀吉の在京屋敷である。死期の迫る秀吉が築いた最後の城となった。建築狂いの秀吉は大坂城、伏見城、聚楽第と絢爛豪華な城を数多く築いた。それはそれで明るく派手好みの秀吉らしく好きな部分ではあるが、豊臣家の家臣や当時の民衆にしてみれば無用の賦役だったろう。京都新城がどんな城かはもう想像すらできない。ここで暮らしたときにはもう秀長も秀次も大政所もいない。英雄の面影はなく老いた小男となっていたのだろう。
 
京阪鴨東線線「神宮丸太町」下車 徒歩10分
 
2016/09/21 秀吉の城/世界文化社