別 名 旧二条城・足利義昭邸
所在地 京都府京都市上京区五町目町
築城者 織田信長
築城年 永禄12年(1569)
廃城年 天正元年(1573)
現 状 平安女学院
遺 構
移築建造物 石垣
再建建造物
史跡指定
評 価
 流浪の将軍足利義昭を奉じて上洛した信長は、失墜した将軍の権威回復と自らの権力を誇示するために新たな御所の建築を行なった。それまで足利義昭の仮御所は本圀寺に置かれていたが、永禄12年(1569)正月に三好三人衆が仮御所を襲撃するという事件が起きた。これを受けて信長は洛中での本格的な将軍家の居城が必要と考え、下剋上で死んだ足利義輝の御所を拡張して新たな御所が造営したのが二条古城であるが、信長に造反した義昭が畿内から追放されるとこの城も廃城となった。
平安女学院に建つ石碑 案内板  
 洛中の城館探訪は雨の中だった。9月下旬だからまだ少し蒸し暑さが残っていた。この旅の目的は亀山城だったが、本能寺跡と二条古城の石垣には必ず訪れようと思っていた。
 二条古城の普請は突貫工事で進められたようで石材の調達には墓石や石仏が転用されている。安土城の石段でも石仏が使われているが、最近になって様々な異説が取り上げられているものの、やはりこれが信長の宗教観だと思う。死ねば人は骨と灰になり他には何も残らないというのが彼の死生観ではないか。
 発掘で出土した石垣は二条城の西側に移築されていた。二条城を散策している多くの観光客も二条古城の石垣に立ち寄る人は少ない。きらびやかな二条城の遺構や石垣には目もくれず、一目散にこの古い石垣を目指したのは自分ぐらいだろう。京都御所にも石垣が残るというが途中から雨が激しくなり地下鉄で京都駅へ戻ることにした。
京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・旧二条城案内板
2016/09/21