福島城
 
別 名 小川家住宅
所在地 京都府京都市中京区三坊大宮町
築城者 小川千橘
築城年 江戸時代初期
廃城年
現 状 宅地
遺 構 門・家屋
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
小川家住宅
 
 二条城へ向かって歩いていると二条陣屋への道標があった。曲がり角を折れて歩くと案内板があり、古めかしい邸宅が建っていた。陣屋と呼ばれているが、幕府が設置した政務所でもなければ旗本の屋敷でもない。商人屋敷であるが江戸時代は大名の陣屋として利用されたというから、街道沿いの本陣と同じような性格を持つ屋敷だったらしい。
 言い伝えでは関ヶ原の戦いで東軍へ寝返った小川祐忠の次男が構えた屋敷という。長男の光氏は豊後日田藩主となったが、病没後に無嗣断絶となった。二条陣屋を構えたという祐滋もやはり病没しているため小川氏の家伝が正確なものかはわからない。
 
JR山陰本線「二条」下車 徒歩10分
 
2016/09/21 二条陣屋跡案内板