福島城
 
別 名 亀岡城・亀宝城・霞城・荒塚城
所在地 京都府亀岡市荒塚町内丸
築城者 明智光秀
築城年 天正6年(1578)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 大本教本部
遺 構 郭・石垣・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
本丸 石垣
水堀 水堀 二の丸 石垣
本丸 虎口 本丸 石垣 本丸 土塁
 
 9月も半ばを過ぎた頃、連休を取得して久しぶりに京都へ向かった。京都駅へ着いて山陰本線に乗り換え、真っ先に訪れたのは明智光秀が築いた亀山城だった。戦前の宗教弾圧で大規模な破壊を受けているために石垣はほとんどが積み直しであるが、苔むした姿は品があった。
 亀山駅からは5分も歩かずに水堀へ着くが、そこから本丸を見るために大きく迂回して大本教の受付へ行かねばならない。思っていたよりも簡単な手続きで見学の許可を得て本丸へ向かう。聖地のために立入不可の場所が多いが、決まり通りの散策路を歩いてみた。豪壮な石垣は下から三段目ぐらいまでが光秀時代の遺構という。そこから上は信徒の人たちが積み直したものだが、下手な工事業者が積んだ石垣よりも見事な積み方だと思う。ぐるりと見終えたあと受付へ戻り礼を言うと、無料の資料展示室へ案内をしてくれて亀山城の資料まで貰った。
 見るのに制限はあるが、訪れてみたかった城なので嬉しい。ここからは歩いて本能寺まで行こうと考えていたが、雨が降り続いていたこともあり無難に山陰本線で二条駅へと向かった。
 
JR山陰本線「亀岡」下車 徒歩5分
 
2016/09/21 日本城郭大系/新人物往来社
城郭と城下町/小学館