別 名
所在地 京都府長岡京市東神足
築城者 神足友春
築城年 永正元年(1504)
廃城年 元亀2年(1571)
現 状 神足神社・宅地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 神足氏は室町幕府に仕えた西岡被官衆の一人であり、幕府が瓦解し三好氏が弱体化すると新たな支配者となった織田信長の家臣細川藤孝に従った。古い時代が忘れられずに抗い滅ぼされた武士たちとは違い、神足氏は藤孝に帰順し子孫も細川氏の家臣となっている。藤孝に仕えた時代の当主だった神足掃部は細川氏が丹後へ移封された後もこの土地に留まり、今も神足神社境内にはその末裔が居住していた。神足城は室町時代末期の築城とされるが、ここより北に神足屋敷という地名が残っているので古くはそこが本拠地だったと思う。現在も残る遺構は神足氏時代のものではなく細川藤孝が勝龍寺城を居城としたときに改修された姿である。
案内板 虎口の土塁と空堀 虎口の土塁と空堀
 久しぶりに関西へ旅をすることにした。新幹線で京都駅に着くと東海道線に乗り換え長岡京駅で降り、この日の行程で最初に訪れたのが神足城となった。神足神社の境内と宅地の間に美しく整備された土塁と空堀が横たわる。旅先に着いて最初に見た遺構がこれなので驚きもしたし嬉しくもなったが、遺構はこれで終わりだった。欲を言えば整備される前の姿を見たかったが、おかげで当時の姿に近づいた遺構を見られたのは良かったと思う。
JR東海道本線「長岡京」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2019/01/22