別 名 虎伏城・竹垣城
所在地 和歌山県和歌山市一番丁
築城者 羽柴秀長
築城年 天正13年(1585)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 和歌山城公園
遺 構 郭・門・石垣・土塁・空堀・水堀
移築建造物 御殿の一部
再建建造物 天守・櫓・門
史跡指定 国指定史跡
評 価
 天正13年(1585)に羽柴秀吉は紀州根来と雑賀の衆徒を攻めた。紀州征伐の総大将を務めたのは実弟の小一郎秀長である。毛利水軍も出陣し海路と陸路から紀伊へ進撃した軍勢は10万とされている。徳川家康とも対峙していた秀吉の隙を狙い大坂まで攻め上がった紀州の衆徒らの勢力は侮りがたいものがあったが、和泉の城砦がことごとく落城し熊野水軍も降伏したことで勢いは弱まり、太田城が水攻めで陥落したことで紀伊は平定された。
 大和郡山城主だった秀長は紀伊と和泉を加増され百万石の太守となるが、いずれも門徒や地侍の勢力が強い土地であり相当な苦労があったと思うし寿命を縮めた一因にもなったろう。紀伊を統治するための新たな拠点として秀吉自らが若山と呼ばれた丘に築城を命じ、藤堂高虎を普請奉行として和歌山城の築城は開始された。完成後は歴戦の武将である桑山重晴が3万石で城代となり大和豊臣氏が断絶した後は直参となった。
 関ヶ原の戦いの論功行賞で浅野幸長が37万石で和歌山城主となるが、幸長は早世し弟が長晟のときに総石垣の城へ改修されている。元和5年(1619)に浅野氏は安芸広島へ加増移封され、代わって徳川頼宣が55万石で入城し御三家のひとつ紀伊徳川家の祖となった。この系統からは吉宗と家茂が将軍職に就いている。
天守の遠景 南堀跡 南の丸跡の櫓台石垣
水堀 南の丸跡の岡口門 松の丸跡の櫓台石垣
松の丸跡の石垣 天守曲輪の石垣 楠門と南多聞櫓
砂の丸跡の追廻門 鶴の渓の石垣 西の丸跡の鳶魚閣
御橋廊下 二の丸跡の大手門 二の丸跡の水堀
 二泊三日の行程で近畿地方の旅をしたが中心となったのは奈良県と和歌山県だった。奈良県は幼少時代に一度だけ祖父と訪れているが和歌山県ははじめてである。なぜ和歌山県を選んだのかは今もわからないが、徳川御三家の城で和歌山城だけ訪れていないのが少し気になっていたのは事実である。二日目の午後に和歌山駅に着いたが曇り空だったのと旅の疲れもあったので和歌山城へは行かず太田城とその関連史跡だけを見てホテルに入りしばらく横になった。
 早朝にホテルを出発し最初に向かったのは雑賀城だった。それからバスで和歌山県庁前で降車し和歌山城を散策した。最初に目に入った南の丸の高石垣に驚かされたが城内でもっとも高い石垣ということだった。戦災により天守をはじめとして多数の建造物が失われた和歌山城にあって数少ない現存遺構となった岡口門をくぐり天守曲輪を目指したが、和歌山城を訪れるにあたり楽しみにしていたのは石垣の変遷である。天守曲輪付近は緑泥片岩を積んだ野面積みの石垣で、埼玉県の秩父地方でよく見られる石なので懐かしい感じがした。これは豊臣時代のものでもっとも古い石垣であり浅野氏時代の石垣は砂岩が用いられている。最終形態は花崗岩の切り込みハギで外周部の高石垣で見ることができる。今回の旅では奈良県の高取城をいちばん楽しみにしていた。それは期待通りで存分に堪能したが和歌山城や岸和田城なども十分に楽しむことができた。とても思い出に残る旅になったと思う。
南海本線「和歌山市」下車 徒歩10分
城郭探検倶楽部/新人物往来社・城郭と城下町/小学館・近畿の城/小学館・和歌山城パンフレット
2019/10/09