別 名 奥山城
所在地 和歌山県和歌山市吹上
築城者 畠山高政
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 奥山公園・県立美術館
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 岡山城は紀伊の守護畠山高政が築いたが、能登七尾城の畠山氏と同じく実権は守護代の遊佐氏に握られていたらしい。高政は三好長慶との争いで居城の高屋城を失うが、紀伊で兵力を養い細川晴之らと手を組んで三好勢を破り、将軍足利義輝が三好三人衆が弑逆されると弟の義昭の擁立に奔走するなど精力的に活動している。義昭が織田信長から離反すると高政の人生も不遇なものとなり、高屋城が破却された後は旧領の紀伊を流浪した挙句に天正4年(1576)に世を去っている。
 雑賀衆の史跡を訪ねたあとは和歌山城へと向かった。バスで県庁前で降車し三年坂通りを歩いていたときに岡山城があることを思い出した。奥山稲荷神社と江戸時代に置かれた岡山の岡山の時鐘堂への道標がある。城跡は奥山公園と美術館から和歌山大学附属の小学校と中学校にかけての丘一帯にあったが遺構は残っていないようだった。
JR紀勢本線・阪和線「和歌山」下車 和歌山バス「和歌浦口」行で「県庁前」下車 徒歩約5分
近畿の城/小学館
2019/10/09