別 名
所在地 和歌山県和歌山市秋月
築城者 紀俊連
築城年 延徳年間(1489〜92)
廃城年 天正13年(1585)
現 状 宅地・農地
遺 構 空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 秋月城は紀伊国造の紀俊連が築き、土豪の飯垣周防守に守らせたとされるが、おそらく太田党の地侍か國懸神社の神官だと思う。天正13年(1585)に豊臣秀吉の紀州征伐で落城し廃城となった。
 和歌山駅に着いたのは午後2時ぐらいだった。奈良の吉野で激しく降っていた雨はあがり曇り空となっていた。山間部と比べると少しだけ潮の香りがしている和歌山の街を東へと歩き水攻めで有名な太田城を訪ねた。そこから少しだけ東に秋月城があるのでついでに訪ねることにした。
 太田城と同じように秋月城も遺構はほとんど皆無だった。道路沿いに飲食店が並ぶ周囲に広がる農地が城跡らしく航空写真を眺めると形は理解できる。よく見ると多少の土地の高低差があって堀跡とわかるが、まだ10月なので草に埋もれていた。それから数ヶ月後に懐かしさもあって和歌山市内の城館を航空写真で見ていると、秋月城は開発のため消滅する運命にあるようだった。
JR紀勢本線・阪和線・わかやま電鉄貴志川線「和歌山」下車 徒歩20分
近畿の城/小学館
2019/10/08