別 名 錦城・金城
所在地 大阪府大阪市中央区大阪城
築城者 豊臣秀吉
築城年 天正11年(1583)
廃城年 明治元年(1868)
現 状 大阪城公園
遺 構 郭・櫓・門・石垣・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物 天守
史跡指定 国指定特別史跡
評 価
 織田信長が斃れたあとの天下統一事業を受け継いだ豊臣秀吉は、天正11年(1583)に石山本願寺跡へ新たな居城を築いた。その歴史については今さら自分が滔々と述べることもないが、秀吉が築いた桃山文化の集大成とも言うべき城であり、大坂夏の陣で落城するまで豊臣家の象徴であった。続々と集まってきた浪人衆が天下の大軍を相手に奮戦し、壮烈な最期を遂げたことで戦乱の時代は幕を下ろした。
 戦後に徳川家は豊臣期の城に盛り土をして新たな大坂城を築いた。豊臣期の大坂城は土の中に埋もれているが、発掘で出土した当時の石垣が保存されている。また二の丸付近の水堀は豊臣期と重なるとされている。江戸城と並ぶ日本を代表する城のひとつである。
南外濠と六番櫓 大手口 二の丸大手門
二の丸跡と千貫櫓 本丸跡の石垣と空堀 本丸跡の石垣と空堀
本丸桜門 桜門枡形の巨石 天守台石垣
復興天守 山里丸跡 豊臣秀頼自刃の地
内濠 極楽橋
京橋口 西の丸跡の石垣と乾櫓 大坂城を望む
 初めて大坂城へ訪れたのは中学1年の夏休みだった。母親に連れられてきたのだが関西独特の蒸し暑さは今もかすかに覚えている。それから大坂城へは少なくとも5回ほど訪れている。少年時代から城が好きだったこともあり大阪へ出かけるとつい立ち寄ってしまう。昔は今と違って平日の午前中であれば人も少なくゆっくりと散策ができたものだった。今はいつ訪れても外国人の団体ばかりである。それがいいか悪いかは自分が決めることではないが、城跡というのはもう少し静かに歩きたいものだと思う。
 二泊三日で訪れた近畿旅行の最後に大坂城へ久しぶりに訪れてみた。計画したあとに後悔したほど過酷な日程だったが、来てみればそうでもなく心地よい疲労感だけが残った。大坂城は南外濠から大手門へ入り本丸へと歩いた。直前に真田丸を訪ねているので市街地に埋もれた大坂城の空堀を歩いてきたはずである。近世城郭の石垣と水堀は美しく戦災を免れた櫓と大手門は風格を感じた。昭和初期に再建された天守は戦争や地震を経験しながら今に至っている。外観復元であるが豊臣期と徳川期の複合でどこまで旧態を再現しているのかはわからないが、今も大阪の象徴であることに違いはない。幾度か訪れた大坂城もおそらくこれで最後になるだろうとゆっくり踏みしめるようにして歩いた。
JR大坂環状線「大阪城公園」下車 徒歩0分
城郭と城下町/小学館・大阪城400年/大阪書籍・城郭探検倶楽部/新人物往来社
2019/10/09