別 名 芥川城・原城・三好山城
所在地 大阪府高槻市原
築城者 細川高国
築城年 永正12年(1515)
廃城年 元亀2年(1571)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 最初に城を築いたのは能勢氏という。能勢氏が滅ぶと細川晴元の居城となるが、天文16年(1547)に三好長慶が入城し、その後は三好氏の居城として大規模な山城としての改修が施されている。永禄11年(1568)に摂津へ攻め込んだ織田信長が三好氏の勢力を一掃し、芥川山城は和田惟政に与えられた。芥川山城は惟政の家臣高山友照が城主となっていたが、元亀2年(1571)に惟政が失脚すると友照は高槻城を居城としたため、芥川山城は廃城になったと考えられている。
芥川山城跡 搦手口の石垣 東曲輪の石垣
東曲輪の土塁 東曲輪の竪土塁 中曲輪に架かる土橋
中曲輪の堀切 中曲輪 中曲輪
大手道 大手口の石垣 西曲輪
西曲輪 西曲輪の土塁 西曲輪の堀切
中曲輪 中曲輪 中曲輪から見る高槻市街
 芥川山城は以前から一度は訪れてみたいと思っていた。しかし関東からはあまりにも遠く悩んでいるうちに歳月が過ぎた。久しぶりに関西の城跡が見たくなり新幹線で京都まで乗った。勝龍寺城と山崎城を訪ねたあとはいよいよ待望の芥川山城へ登ることになったが、前年の台風による被害は甚大であり、登山道入口には倒木のため通行不可という注意文が記されていた。そうかと言ってここまで来て引き返すわけにもいかず、意を決して山道を歩きはじめた。
 台風の爪痕もひどかったが、もっと嫌だったのが間近で聞こえる銃声だった。近畿の山はイノシシが多いので狩猟者も多い。流れ弾に当たるのを避けるため指笛を鳴らしつつ歩いた。東曲輪まではそれほど時間はかからず途中にも石垣が見られる。ここからの山道はさらに荒れていて倒れた巨木を踏み越えたり潜ったりすることが何度もあった。巨木が根こそぎ倒れたために地面ごと崩れているのを見て悲しい気持ちにさえなった。その先の山道でも土塁や石垣が見られるが、わざわざ倒木をどけてまで見ようという気持ちにならなかった。
 苦労しつつも主郭へ着くと眺望の素晴らしさに救われた。三好長慶が得意絶頂の頃に眺めた風景を自分も見ている。長慶の栄華は松永久秀と織田信長という新しい時代の開拓者によって崩れ去った。壮麗な建物が建っていたであろう本丸跡には台風で粉々になった長慶の肖像画が無残に散らばっていた。
JR東海道本線「高槻」下車 高槻市営バス「杉生」行で「塚脇」下車 徒歩30分
城巡礼/東京地図出版・芥川山城跡案内板
2019/01/22