別 名 喜春城・錦江城
所在地 兵庫県明石市明石公園
築城者 小笠原忠真
築城年 元和5年(1619)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 明石公園
遺 構 櫓・郭・石垣・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 明石は山陽道の要衝であり高山右近が築いた船上城があった。豊臣秀吉が発布したバテレン追放令で右近は改易され、船上城は豊臣家の直轄領となるが、関ヶ原の戦いが終わると徳川家康の娘婿池田輝政が船上城を預かった。元和5年(1619)に領主となった小笠原忠真は明石城の築城にあたり船上城の石垣と櫓を転用している。巽櫓は船上城の遺構であり坤櫓は伏見城から移築されたという。この当時は元和の廃城令で取り壊しを待つ城が数多くあったこともあり、どこの城でもこういった事例が見られる。
 小笠原忠真は城下町の町割りを食客だった宮本武蔵に委ねたという。山陽道の要衝ということもあり江戸時代を通じて譜代大名の居城として明治まで続いている。
水堀 水堀 明石公園
桝形虎口 桝形虎口の石垣 庭園
稲荷曲輪跡の虎口 桜堀 桜堀と本丸跡の石垣
本丸跡天守台 坤櫓 巽櫓
二の丸跡の土塁 二の丸跡の石垣 東の丸跡の石垣
 平成の大修理で5年間その勇姿が見られなくなる姫路城を見ておこうと思った。日本を代表する名城だけに前評判に違わない素晴らしい遺構に目を奪われた。次に立ち寄ったのは御着城だったが、ここで少し時間を費やしすぎて後の予定を省略せざるを得なくなった。少なくとも櫓と石垣が美しい明石城だけは見ておきたいと思い明石駅に着いたときにはもう日が傾いていた。
 明石城は姫路城に負けず劣らずの見事な城だと思った。姫路城と違って夕暮れ時の明石城は人もそれほどおらず、そのおかげで隅々まで堪能できた。石垣の積み方が織り成す勾配は芸術品のように思えた。黄昏時のおかげで夕陽に染まる二基の櫓を眺めることができたが、この時間はとても幸せなひと時だった。関東在住の僕にとって明石は遠く、もう二度と来ることはないだろうから帰宅時間を遅らせてでも訪れて良かったと思っている。
JR山陽本線・山陽電鉄本線「明石」下車 徒歩1分
ひょうごの城紀行/神戸新聞総合出版センター・城郭と城下町/小学館
2009/12/27