福島城
 
別 名 白鷺城・姫山城
所在地 兵庫県姫路市本町
築城者 赤松貞範
築城年 正平元年/貞和2年(1346)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 姫路公園
遺 構 櫓・門・郭・石垣・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考 日本100名城現存天守
評 価
天守
三の丸 水堀と石垣 三の丸 土塁 二の丸 菱の門
西の丸 化粧櫓 西の丸 カの櫓 はの門と土塀
はの門 にの門 油壁
りの門 ぬの門 扇の勾配
渡櫓 土塀と天守 天守
 
 日本を代表する城と聞かれたらほとんどの人が姫路城の姿を思い浮かべるのではないか。白亜の天守と城壁、高い石垣と水堀、城を形成する材料のすべてが揃っている名城である。その優美な姿と現存する遺構の残存状況をとっても日本の城郭の最高峰だと思う。
 関東在住の僕には遠い城であり、一生行くことはないと思っていたが、平成の大修理に入るという新聞記事を読み、それまでに見ておきたいという衝動を抑えられなくなった。
 新幹線は新大阪までしか乗車したことがなかったので姫路までは遠く感じた。姫路駅に着いたときは曇り空で多少がっかりしたが、とにかく駅から真っ直ぐ姫路城を目指した。大通りから天守が見えたときの感動は言葉で言い表せないほどだった。僕の想像や先入観を遥かに凌駕する見事な城である。現存天守はいくつか見ているが、姫路城のそれは迫力があり気品も感じる。天守に至るまでの道筋も面白かった。巧妙な通路の設計と門の配置を体感しながら池田輝政へ賛辞を贈りたくなった。
 姫路城は不思議なことに一度も実戦を経験していない。明治維新のときもすぐに保存が決定し、太平洋戦争の空襲でも焼けなかった。姫路市は空襲を受けたが、天守近くに落ちた爆弾は不発だったという。その強運ぶりも評価に値する。
 小さい頃から憧れていた城を訪れることができた達成感は大きかった。下から見上げる天守の眩い姿は感無量であり、城の持つ構成美を存分に味わえたと思う。着いたときの曇り空はいつの間にか雲ひとつない青空となっていた。
 
JR新幹線・山陽本線・姫新線・播但線「姫路」下車 徒歩15分
 
2009/12/27 城郭と城下町/小学館
ひょうごの城紀行/神戸新聞総合出版センター