福島城
 
別 名 天川城・茶臼山城
所在地 兵庫県姫路市御国野町御着
築城者 小寺政隆
築城年 永正16年(1519)
廃城年 天正7年(1579)
現 状 御着城跡公園
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
天川橋と二の丸の空堀
本丸 石碑 本丸 小寺大明神 二の丸 土塁
 
 師走の晴れた日に御着城を訪れた。本来の目的は修復前の姫路城を訪ねることだったが、黒田官兵衛が青年時代を過ごした御着城は一度訪ねておきたかった。姫路城を見るのに時間がかかりすぎて御着駅へ着いた頃には少し日が傾きかけていた。
 初めて訪れる土地ということもあって御着駅から御着城までは遠く感じた。実際には15分ぐらいしか歩いていないが、知らない街を歩くときはいつもそう感じる。やがて城を模した姫路市東出張所が見えた。黒田官兵衛の故郷まで来たという感慨はあったが、城の中央を国道が分断しているのを見て少し興醒めした。わずかながらも二の丸跡の土塁と空堀が残り、石碑と案内板はここかしこにあった。城跡としては今ひとつだったが好きな武将の故地を訪ね歩くのもまた楽しい。太陽がさらに傾きを増していたので急ぎ足で明石城へ向かうことにした。
JR山陽本線「御着」下車 徒歩15分
2009/12/27 ひょうごの城紀行/神戸新聞総合出版センター
御着城跡案内板