福島城
 
別 名 斎藤利三屋敷
所在地 兵庫県丹波市春日町黒井
築城者 赤井直正
築城年 天文23年(1554)
廃城年
現 状 興禅寺
遺 構 石垣・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
興禅寺 石垣と水堀
 
 黒井城の麓にある興禅寺は黒井城の居館とされている。元々は土豪奥村氏の屋敷があったという。それだけで城郭を思わせるような石垣と水堀が残り、白い練塀がその雰囲気を昇華させていた。石垣と水堀は赤井直正時代のものと伝わっている。
 斎藤内蔵助利三は明智光秀の右腕とも言える有能な武将で、光秀から黒井城を預かっている。赤井直正の居館をそのまま邸宅とし、その年の暮れにお福という女の子がここで生まれた。お福は後の徳川家光の乳母となった春日局である。江戸時代の出来事や人物にはあまり興味がないのでわからないが、大河ドラマが放映されていたことは覚えている。
 
JR福知山線「黒井」下車 徒歩10分
 
2017/10/01 ひょうごの城紀行/神戸新聞総合出版センター