所在地 埼玉県入間郡毛呂山町川角
交戦勢力 足利基氏×芳賀高貞
年 次 正平18年/貞治2年(1363)
現 状 苦林古墳
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 観応の擾乱で失脚した上杉憲顕を関東管領に据えようと画策した鎌倉公方足利基氏と対立した宇都宮氏綱の家臣芳賀高貞は武蔵野を舞台に幾度か戦っているが、貞治2年(1363)には苦林野でも両者は激突している。この戦いは数に勝る基氏の勝利に終わり、宇都宮氏綱は上野と越後の守護職を罷免されてしまう。こうして上杉氏が関東管領職に就き戦国時代まで上杉氏が世襲することとなった。
 この石碑の前を何度も通り過ぎている。奥武蔵や上州の城館探訪をするときの通り道でもあり、その度に目にしているが車を降りて近づいたのはたったの1度きりである。周辺には古墳が数多く点在しており古戦場碑もやはり古墳の上にある。中世には鎌倉街道が通り重要な場所だったらしいが、今は鄙びた雰囲気を漂わせる農村地帯となっている。
東武東上線「坂戸」下車 川越観光自動車バス「大橋」行で「善能寺」下車 徒歩1分
苦林野古戦場跡案内板
2012/01/04