所在地 東京都東村山市諏訪町
交戦勢力 新田義貞×桜田貞国
年 次 元弘3年(1333)
現 状 公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 元弘3年(1333)5月に新田義貞は生国である上野国で鎌倉幕府打倒のために挙兵した。この挙兵には同じ源氏の足利尊氏も嫡男の義詮を加勢させている。鎌倉を目指す義貞には武蔵の豪族たちも次々と参戦し数万騎の大軍となったという。入間川を渡ったところで鎌倉幕府の差し向けた軍勢と衝突するが、義貞は5月11日の小手指原の戦いでこれを撃破した。
 幕府軍は久米川で態勢を立て直し、義貞は八国山に布陣して幕府軍と戦った。義貞の奇襲から戦いは始まり、幕府軍の大将桜田貞国は新田軍を挟撃しようとするが、義貞はその作戦を見破り逆に幕府軍は撃破されている。貞国は敗残兵を収容し府中の分倍河原まで撤退した。
 久米川古戦場に初めて訪れたのはまだ20代の頃だと思う。まるで遠足にでも行くようで遠いところだと思ったが、まさか壮年になり自分がそこで暮らすとは思いもしなかった。周辺は真新しい住宅ばかりが建ち並んでいるが古戦場碑から少し歩けば新田義貞が布陣した八国山の将軍塚がある。戦前の皇国史観の名残りというべきか、このときの義貞の進撃路には古戦場碑がいくつか建っている。
西武新宿線・池袋線「所沢」下車 西武バス「西武園」行で「将軍塚」下車 徒歩5分
久米川古戦場跡案内板
2018/12/26