別 名
所在地 埼玉県さいたま市緑区代山
築城者 小久保縫殿助・山田大隅
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 新編武蔵国風土記稿は岩槻太田氏の家臣小久保縫殿助の居城と伝える。小久保は文字通り小さな窪地を表す意味で小久保姓は埼玉県では比較的多く見られる姓である。武蔵国郡村誌では同じ岩槻太田氏の家臣山田大隅の居城としているが、いずれにしても岩槻太田氏の家臣ということで共通している。天正18年(1590)に豊臣秀吉の号令で北条氏が滅ぶと岩槻太田氏も運命を共にしており、代山城の城主も討死するか帰農したことにより廃城となったらしい。
代山城 厳島神社 庚申塔
 インターネットの普及によって城館探訪も変化した。城館名を検索すればあらゆる情報を得ることができる。昔は場所がわからずに小字の名前などから割り出して訪ね歩いたものだった。代山城も早くから知っていたが場所の見当がつかず訪れることはなかった。便利な反面で面白味は減ったと思う。今は現地に何があるか事前にわかっているが昔はそこに行くまで何があるかわからなかった。何もないと思って訪れた場所で遺構を見つけたり思いがけず石碑や案内板を見つけて喜ぶということは少なくなったように思う。代山城も遺構がないことはあらかじめわかっていた。空っぽとわかっている宝箱をわざわざ開けに行く気にはなれずそのままにしておくつもりでいた。
 まとまった休みができたので千葉県の館山城へ行こうと早朝に出発したが南船橋で豪雨となりあきらめて引き返した。東川口駅あたりで雨が上がり雲に切れ間ができたので周辺の城跡に立ち寄ることにした。川口から浦和付近は遺構がある城はほとんどないが忘却の彼方にあった代山城を訪れることにした。
 武蔵野線の東川口駅から北へ1時間ほど歩いて代山城へ着いた。途中で台地が狭隘になる場所があり江戸時代に造られた庚申塔と金剛像が並んでいる。もしかするとここは代山城の虎口を守る土塁の名残りなのかもしれないと思いつつ通り過ぎた。代山城はもう明確な遺構は見られないが半島状の台地先端を利用していることがわかる。丘上は一部だけ木が刈られ平場が剥き出しとなっていた。郭跡と思いたくなるような平場である。ざっと歩いてみても際立った要害地形という感じはしないし、耕作地となっていた時期があるので遺構はそのときに崩されてしまったのだろう。
 代山城のある小さな丘の目の前には裏鬼門除けとされる厳島神社がぽつんと建っている。小さな水路が廻らされて多少なりとも厳島の雰囲気を醸し出そうとしているようだった。西側に隣接するのは甲子園の常連校でもある強豪の浦和学院高校である。野球部の練習場がある場所ももしかすると代山城の一部だったのかもしれない。房総の館山へ行くつもりがひょんなことから武蔵の名も無き古城探訪となった。時間がたっぷりと余っていたこともありもう少し歩いてみることにした。
JR武蔵野線「東川口」下車 国際興業バス「さいたま東営業所」行で「浦和学院高校入口」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
2018/03/16