別 名 岩付城・白鶴城・竹束城・浮城
所在地 埼玉県さいたま市岩槻区太田
築城者 太田道真
築城年 長禄元年(1457)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 岩槻城址公園
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定史跡
評 価
 岩槻城は太田道真と道灌父子による築城とされている。近年になり新たな史料の発見があり成田氏による築城説が持ち上がった。忍城を居城とした成田氏の勢力範囲が岩槻まで及んでいたのかはわからないが、その後は岩槻太田氏の居城となり多くの支城や砦を備えた堅城となった。北条氏が勢力を拡大すると岩槻城を巡る争いは激しくなったが、太田資正の留守中に嫡男の氏資が北条氏康と内通し資正は追放され岩槻城は北条氏の手に落ちた。
 北条氏政は四男氏房を太田氏へ養子として送り込み、岩槻城は北条氏直轄の有力支城となった。天正18年(1590)に豊臣秀吉の家臣浅野長政の攻撃を受けて落城し、徳川家康の家臣高力清長が2万石で入城し、それ以後は江戸時代を通じて譜代大名の居城として明治維新に至っている。
岩槻城址公園 愛宕神社に残る総構の土塁 時の鐘
大手門跡 三の丸跡の石碑 二の丸跡の石碑
本丸跡の石碑と案内板 黒門 裏門
馬出跡の空堀 新曲輪跡の沼沢地 鍛冶曲輪跡
鍛冶曲輪跡の土塁 鍛冶曲輪跡の空堀 鍛冶曲輪跡の障子堀
 岩槻城周辺は古い街並みが残るわけでもなく、近代化され過ぎて城下町という雰囲気はあまり感じられない。岩槻城も沼沢地を利用した要害ぶりが災いし中心部はまったく痕跡を留めていない。昭和30年代の航空写真を見ると本丸を中心に曲輪の輪郭がよく残されていた。私が初めて岩槻城に訪れたのは昭和の終わり頃だったが、まだ沼地の跡が巨大な堀底のような形で残っていたものだった。何度か足を運ぶうちにそこにも住宅が立ち並び、最近まで残っていた遺構も狙われたように破壊されてしまった。
 城址公園として保存されているのは新曲輪と鍛冶曲輪のみだが堀底を歩くとその堅城ぶりが感じられる。中心部がもう少し保存されていればと悔やまれるが失われたものは戻らないので現存する遺構を楽しむしかない。散策路から外れて雑木林の奥へ踏み込んでみると新曲輪を守る沼地がひっそりと残っている。この風景こそが岩槻城の往時を偲ぶに足る姿だった。
 城址公園入口の交差点にある消防署に三の丸跡の石碑が建ち、元荒川方面へ向かって歩いて行くと二の丸跡の石碑が建っている。同じ道路沿いのガソリンスタンドの奥に本丸跡の石碑があったが、再訪したときにスタンドは閉店していた。岩槻城は巨大な総構によって城下町ごと土塁で守られていたが、東武野田線の線路際に祀られた愛宕神社の高台が唯一残された土塁となっている。神社境内から見るとコンクリートに固められて味気ないものだったが、踏切側から見ると確かに立派な土塁だった。岩槻の街並みはこれからも変わってゆくのだろうが、城がある街の風情だけは大切にしてほしい。
東武野田線「岩槻」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の城址30選/埼玉新聞社・埼玉の古城址/有峰書店新社
2007/04/27・2018/05/14