別 名
所在地 埼玉県さいたま市大宮区寿能町
築城者 潮田資忠
築城年 永禄3年(1560)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 寿能公園
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定旧跡
評 価
 寿能城は岩槻城の支城で岩槻太田氏の当主太田三楽斎資正の子潮田資忠が守った。資正が嫡男氏資と反目し岩槻城を追放されると太田氏は北条氏に従属したが、寿能城と資忠の立場はそのまま変わることはなく岩槻城の支城としての役割を担っていた。
 天正18年(1590)に豊臣秀吉が小田原攻めを号令すると、寿能城は豊臣五奉行のひとり浅野長政の軍勢に攻められて落城した。このときに資忠は小田原城の加勢に赴き討死している。資忠の末裔は古河藩の家老を務めているが、江戸時代中期に資忠の代理で籠城を指揮した北沢氏の末裔が資忠を弔うために墓を建てている。
交番脇の石碑 本丸跡の潮田資忠墓 出丸跡の大宮球場
土塁 土塁と空堀 大宮第二公園の湿地
 昭和37年に埼玉県指定旧跡となっている寿能城だが、見沼の沼沢地に守られていた要害ぶりはまったく感じられなかった。区画整理で地形もわからなくなっているが、住宅地の中にある寿能公園が本丸跡で石碑と城主潮田資忠の墓が残っている。明治時代の迅速測図から考察すると主郭は沼地に面していたと考えられるが城跡の範囲ははっきりとはわからない。大宮球場は出丸が置かれた場所と伝わるが、こちらも戦時中に高射砲陣地が置かれたため土塁は削り取られ、戦後の宅地開発で城跡としての痕跡はほとんどない。
 最初に訪ねたのはいつのときか覚えていないが、寿能公園の周辺だけを見て帰った記憶がある。遺構は完全に消滅したと思われていた寿能城だが、大和田公園と大宮第二公園に挟まれた農地に土塁と空堀が残ることを知り再訪してみた。養蜂の巣箱が置かれている後ろに土塁が残っていることがわかる。手前の低地はまさしく堀跡だろう。最初に訪れたのはおそらく昭和の時代だが、その当時と比べると大宮周辺は激しく変貌している。郊外の土呂や東大宮は畑と田圃ばかりだったのに今は住宅ばかりが目立つようになった。
東武野田線「大宮公園」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社・寿能城跡案内板
2008/10/30