別 名 永田氏陣屋
所在地 埼玉県さいたま市西区土屋
築城者 永田弥兵衛
築城年 慶長年間(1596〜1614)
廃城年
現 状 宅地
遺 構 門・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 さいたま市指定史跡
評 価
 江戸時代初期に伊奈忠次が構えた陣屋である。この陣屋を拠点に伊奈氏は河川改修や水田開発を行っている。後に陣屋は伊奈氏の家臣永田氏に譲られている。豪壮な長屋門は江戸時代後期の築造という。
水堀と長屋門 水堀 水堀
 JR川越線の指扇駅から県道を南下すると江戸時代そのままに残された風景があった。この景観はとても素晴らしいものであり、とても近くに幹線道路や住宅地があるとは思えないような光景だった。実際に昔は時代劇の撮影に使われたということが案内板に記されている。屋敷を四周する水堀と格式を感じさせる長屋門の調和が実に見事で、ここだけ時間が止まったかのような静かで美しい場所だった。
JR川越線「指扇」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社
2002/03/12