別 名
所在地 埼玉県さいたま市西区水判土
築城者 太田氏
築城年 戦国時代
廃城年 永禄5年(1562)
現 状 慈眼寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 荒川と鴨川に突き出した台地上にある慈眼寺は戦国時代になると岩槻太田氏に城砦として使用された。北条氏により焼き討ちされてしまい城郭伽藍としての機能は失っている。慈眼寺そのものは古い歴史を持つ古刹であり、縁起によれば天長3年(826)の開山という。
 ずいぶん昔のことになるが旧大宮市の城館探訪をしたときに慈眼寺へ立ち寄った。川と湿地に囲まれた舌状台地先端部にあり伽藍を兵舎として流用すれば簡素な城砦の出来上がりとなる。武装寺院は比叡山や興福寺に限ったことではなく、関東地方でも北条氏と敵対した慈光寺などがある。
 古くから堀ノ内と呼ばれていたことから豪族の居館が構えられていたのかもしれない。慈眼寺は立派な山門と伽藍を有しているが、地形以外に往時を偲ぶものはなかった。ここから大宮駅まで歩くのは億劫で自分としては珍しく路線バスを利用して帰った思い出がある。
JR新幹線・埼京線・高崎線・宇都宮線・東武野田線・ニューシャトル「大宮」下車
西武バス「指扇」行で「水判土」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社
2002/03/12