別 名 小室陣屋・伊奈氏屋敷・丸山城
所在地 埼玉県北足立郡伊奈町小室
築城者 伊奈忠次
築城年 天正18年(1590)
廃城年 寛永19年(1642)
現 状 宅地・農地
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定史跡
評 価
 戦国時代には岩槻太田氏の庇護を受けた無量寺閼伽井坊という寺院勢力が砦を築いていた。北条氏が滅び去り徳川家康が関東を与えられると小室には伊奈忠次が1万石で入封し中世の城を流用して陣屋を構えている。近世陣屋であるのに中世城郭の雰囲気を残しているのはそういった理由がある。伊奈忠次は治水や干拓といった土木事業の名人であり、関東平野の農業発展の礎はこの人が築いたといっても良いほどだと思う。
伊奈城跡 搦手跡 蔵屋敷跡の空堀
鉤の手状の通路 陣屋跡の権現社 陣屋跡の土塁
二の丸跡 二の丸跡の土塁 二の丸跡の空堀
二の丸跡の空堀 大手跡の水堀 大手跡の水堀
 はじめて伊奈城へ訪れたのは高校生のときだった。当時は畑や民家の敷地に入らなければ自由に散策できた。大宮から少しだけニューシャトルに乗るだけで遠い田舎に来たような気持ちになったものだった。駅の周辺にも鬱蒼とした森が残り、雑木林の中にはっきりとわかる規模の土塁と空堀が残っていたのを見て驚いた記憶がある。
 20年近くを経て訪れると立入禁止の看板が至るところに設置されていた。史跡指定反対と書かれた立て札を見て気が滅入ったが、畑仕事をしていた人に声をかけると快く受け入れてくれた。11年後の夏に久しぶりに伊奈城を訪ねてみた。地元と行政との折り合いがついたようでウッドチップが敷き詰められた散策路が整備されていた。改めて見ると本当に立派な城跡であることに気づかされた。
 この城へは個人的にとても思い入れがある。高校生のときに何気なく訪れた城跡だが、その数年後に出会った女性と自分は結婚をした。彼女は伊奈町の人だったので足繁く通う場所となった。子どもが生まれたばかりのときもここへ来て近所を散策した。今も彼女のご両親がこの街で静かな眠りについているのでお盆になると墓参りのついでに伊奈城へ訪れるのが年中行事となった。
ニューシャトル「丸山」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の城址30選/埼玉新聞社
2004/11/07・2007/04/27・2018/08/09