別 名
所在地 埼玉県秩父郡小鹿野町日尾
築城者 諏訪部定勝
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 小鹿野町指定史跡
評 価
 日尾城は戦国時代に北条氏の家臣諏訪部遠江守定勝が守った山城である。日尾城を語る上では欠かせない逸話が残っている。武田の猛将山県昌景が日尾城へ攻め寄せたとき諏訪部定勝は来客と酒を飲み泥酔状態だったという。それを見かねた奥方が武装して城兵を指揮し武田軍を追い払ったという話で、これに懲りた定勝は禁酒をしたというおまけまでついている。
北側から見た日尾城 登山道入口 登山道
牛首峠 岩盤の切り通し 出郭への細尾根
出郭跡 堀切 鞍部の段郭
城址碑 主郭跡の土塁 主郭跡の土塁
二の郭跡の土塁 三の郭跡 日尾城からの眺望
 日尾城は昔から行ってみたい山城だった。かなり山深い場所にあり交通も不便なために訪れる機会がなかったが、西武秩父から栗尾までのバスに乗れば何とかなりそうなので思い切って訪れてみた。札所31番の観音堂で車道は行き止まりとなる。そこから薄暗い山道へ入るのだが台風や大雨の影響で道はかなり荒れ果てていた。幸いにして踏み跡は明瞭で目印のテープが巻かれているので迷うことはなかった。登り始めて20分ほどで牛首峠へと着いている。
 岩山を頼りとした山城と思っていたが切岸は見事に加工され主郭と二の郭に盛られた土塁は立派だった。しっかり人の手が加わった山城ということがわかり訪れて良かったと思った。この日は風もなく暖かかったので気持ちの良い山城探訪となったが帰りはやはり苦労した。結局は小鹿野町の役場へ戻らないとバスには乗れないと考えたほうが良い。女部田城や塩沢城へ登ったときもそうだが往路は良くても帰りのバスはほとんど走っていない。
西武鉄道「西武秩父」下車 西武バス「栗尾」行で終点下車 徒歩1時間
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の城址30選/埼玉新聞社
2017/03/01