別 名 大津久城
所在地 埼玉県比企郡ときがわ町西平
築城者 上田朝直
築城年 天正年間(1573〜92)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 戦国時代まで多くの伽藍と僧兵を養い侮りがたい武力を保持していた慈光寺を攻撃するという目的のために築かれた城で役割を終えた段階で廃城になった。築城意図と存在した時期がわかるのはとても貴重だと思う。築いたのは比企郡の領主上田氏とされるが、これだけの規模を持つ城跡を眺めていると背後にいる北条氏が直接的に関与したのかもしれない。
大築城 モロドノ郭跡 モロドノ郭跡の土塁
竪堀 堀切 堀切
二の郭跡の虎口 主郭跡 主郭跡の土塁
主郭跡の北側斜面 腰郭 大築城からの眺望
 大築城へ訪れるのはとても好きである。山に囲まれた里の風景がとても良いのと清らかな川の流れに癒される。城跡も見事だが道中の雰囲気を楽しむのが自分にとって貴重な時間となっている。人里から離れた場所で山道は少し心細くなるが道ははっきりしている。ときがわ町から登る道より越生町から登るほうが楽だと思う。遺構は完全に残っており特に堀切は深さは驚嘆するほどだった。
 山道はとても気持ちが良い。都心からも程近い場所でこんなに清々しい気分に浸れるのがありがたい。道は明確なので迷う心配は少ないと思うが小築山への分岐は間違えやすいので注意を要する。モロドノ郭は眺望が開け丸太の腰かけなどもあるので食事をするには絶好の場所だった。竪堀を這い上がると見事な虎口を経て中心部へと至る。堀切の巨大さと虎口の堅牢さには目を奪われるほどだった。初めて来たときに越生駅前で携帯電話が圏外を示していたことをふと思い出した。今はそんなこともなくなったが清流と自然は健在だった。
JR八高線・東武越生線「越生」下車 川越観光バス「黒山」行で「麦原入口」下車 徒歩1時間30分
日本城郭大系/新人物往来社・秩父路の古城址/有峰書店新社
2006/03/30・2017/01/02