別 名
所在地 埼玉県大里郡寄居町鉢形
築城者 長尾景春
築城年 文明8年(1476)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 鉢形城址公園
遺 構 郭・石積・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物 門・塀・柵・建物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 平安時代の源経基や鎌倉時代の新田義貞に結びつける伝承が残るが、鉢形城の歴史は文明8年(1476)の長尾景春の乱に始まると言っていい。ここを拠点に景春は上杉氏と交戦し関東に戦火が飛び火したが、文明10年(1478)に扇谷上杉氏の家宰太田道灌に攻め落とされ景春は秩父の山岳地帯へ逃亡した。天文15年(1546)の河越夜戦で北条氏が勝利したことで旧権威の扇谷上杉氏は崩壊し山内上杉氏も上州へ追いやられた後に越後へ逃れ長尾景虎を頼った。鉢形城はこうして北条氏の手に落ち北条氏邦が城主となる。氏邦はその在城期間に鉢形城の大改修を行い現在に残るような巨大城郭が完成した。天正18年(1590)に豊臣秀吉が差し向けた前田利家、上杉景勝の大軍の前にはさしもの鉢形城も1ヶ月の籠城戦を経て開城している。徳川家康が関東へ入国するとほどなくして廃城となった。
荒川から見上げた鉢形城 笹曲輪跡 搦手跡の石積み
御殿曲輪跡の土塁 御殿曲輪跡の石積み 本曲輪跡
馬出の土塁 秩父曲輪跡 秩父曲輪跡の石積み土塁
秩父曲輪跡の池 秩父曲輪跡の馬出 諏訪曲輪跡
弁天池跡 大手跡の水堀 外曲輪跡の土塁
 埼玉県が誇る名城であり整備も行き届いている。北条氏邦が北関東経営の拠点としてことで埼玉県下でも有数の規模を持つ巨大な城郭となった。郭の面積や土塁の規模を見てもさすがに北条氏の北関東経営の拠点に相応しい城だと思う。
 はじめて鉢形城に訪れたのは高校3年生のときだった。まだ復元事業が行われる前で立ち入りできない場所もあったと記憶している。いちばん印象に残っているのは真冬の2月に訪れたときで冷たい雨が降っていたが枯れ草の色合いが美しかった。季節を問わず訪れているが早春の緑も真夏の草原のような風景も美しく秩父曲輪の池でずっとトンボを眺めていたこともある。復元された当初は少し違和感もあったが見慣れてきたせいか自然の風景の中に溶け込んできた。外曲輪にある鉢形城歴史館で頒布している鉢形城のガイドブックが安価なわりに内容が充実していてこれを片手に城を巡ることで楽しさもより増すと思う。館内に埼玉県内の城郭図が展示されており小さいながら十分に満足することができた。復元された三の曲輪も癒されるが個人的には大手付近の荒れた感じが好きである。
JR八高線・東武東上線・秩父鉄道「寄居」下車 徒歩20分
秩父路の古城址/有峰書店新社・鉢形城指南/鉢形城歴史館・関東の名城を歩く/吉川弘文館
2004/11/27・2010/02/01・2010/02/11・2010/07/18・2015/05/23