別 名 亀城
所在地 埼玉県行田市本丸
築城者 成田正等
築城年 文明10年(1478)
廃城年 明治2年(1869)
現 状 行田市郷土博物館
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物 櫓・門
史跡指定 埼玉県指定旧跡
評 価
 文明10年(1478)に成田氏が土豪の忍氏を滅ぼし広大な沼沢地に浮かぶ島を繋ぎ合わせたような浮き城を築いた。連歌師宗長は白河の関の帰途に忍城へ立ち寄っているが、四方は沼で芦が霜で枯れ多くの水鳥たちが暮らしているという様子を書き残している。
 天文22年(1553)に北条氏康は忍城を攻めたが落とすことはできず、永禄2年(1559)に関東へ出陣した上杉謙信も忍城を取り囲み城下を焼いた。成田長泰は人質を差し出して謙信に降るが小田原城攻めに従軍したときに鶴岡八幡宮で謙信に恥辱を受けたことをきっかけとして忍城へ引き上げ北条氏と結んだ。この頃の成田氏は石高にして20万石を越えていたというからかなりの勢力である。
 天正18年(1590)に豊臣秀吉が小田原征伐を発令すると忍城は石田三成らの大軍に囲まれた。関東でも指折りの堅城で知られる忍城を兵の損害を出さずに落とそうとした三成は秀吉の例に倣い水攻めを行なったが、豪雨によって堤は決壊し味方に多くの犠牲を出している。小田原城が開城した6日後に忍城も開城した。のぼうの城の主人公成田長親は城を出たあと尾張へ移住し生涯を終えている。忍城は徳川家康の家臣松平家忠が1万石で入った後に家康の四男松平忠吉が10万石で入城した。関ヶ原の戦いで家康が江戸幕府を開くと忍城は江戸城の守りとして親藩と譜代大名の居城として存続し明治に至る。
水城公園 成田御門跡の碑 太鼓門跡の碑
諏訪曲輪跡の水堀 諏訪曲輪跡の土塁 諏訪曲輪跡の土塁
本丸跡 移築門 御三階櫓
本丸跡の土塁 本丸跡の土塁 本丸跡の土塁
 映画のぼうの城がヒットして一躍知られるようになった忍城へは5度ぐらい訪れている。広大な沼に浮かぶ島々で構成された難攻不落の城として上杉謙信や石田三成の攻撃を退けた名城だったが今は水城公園にその面影を残す程度になっている。明治時代の迅速測図を見るその要害ぶりがよくわかるが、逆にそれが仇となり明治新政府によって徹底的に破壊された。
 これだけの名城でも往時を偲ぶに足る遺構はとても少ない。数少ない忍城の遺構としては行田変電所にある本丸の土塁が挙げられる。ここから道路を挟んだ北には諏訪郭跡の東照宮と諏訪神社があり土塁と水堀が残されている。わずかではあるが忍城の旧態をいちばん留めている場所だと思う。行田市内の城館は平地に築かれた城が多いためそのほとんどが失われているが、行田市は城館跡に石碑を建ててその存在を後世に伝えている場所が多いので助かる。せっかく訪れても何もないとがっかりするが石碑がひとつあるだけで充実感が膨らむ。
秩父鉄道「行田市」下車 朝日バス「熊谷駅」行で「忍城」下車 徒歩1分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の城址30選/埼玉新聞社
2003/05/03・2006/09/02・2016/03/18