別 名 要害山城・愛宕山城
所在地 埼玉県大里郡寄居町金尾
築城者 藤田重利
築城年 天文元年(1532)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 愛宕神社・山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 金尾山城は天文元年(1532)に藤田重利が天神山城の支城として築いたと思われる。藤田氏が北条氏邦を養子に迎え用土城に隠退したあとは鉢形城の支城として金尾弥兵衛が守り、鉢形城と天神山城へ抜ける峠道を取り込み荒川の渡河地点を抑える重要な役割を担った。この城も天正18年(1590)には豊臣軍の前に戦わずして廃城となったと思うが具体的な戦いは伝わっていない。
金尾山城 三の曲輪跡 三の曲輪跡の石積み
三の曲輪跡の堀切と土橋 二の曲輪跡 二の曲輪跡の堀切
本曲輪跡 本曲輪跡の石積み 金尾山城からの眺望
 はじめて金尾山城に登ったとのは花園城を訪ねたときのことだった。まだ紅葉が残り城跡からの眺めがとても綺麗だった。城跡は雑木に覆われて遺構を見て歩くのは少し厄介だった記憶がある。
 2度目に来たときの金尾山城は濃い霧に包まれていた。雨の山城は滑るので好きではないがこの日は静寂と霧だけに支配されていた。モノトーンの中に浮かび上がる光景は古城という雰囲気がぴったりでとても幻想的だった。この頃は雑木が伐採されて遺構が見やすくなっていた。霧のために眺望は利かなかったがこれまでに経験がないほどの美しい城の姿を見ることができた。
秩父鉄道「波久礼」下車 徒歩20分
秩父路の古城址/有峰書店新社・金尾山案内板
2004/11/27・2011/11/06