別 名
所在地 埼玉県大里郡寄居町末野
築城者 藤田政行
築城年 平安時代末期
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 平安時代末期に猪俣党藤田氏が築いた城というが実際のところはわからない。南北朝時代よりも後のことではないかと思うが藤田氏の居館との位置関係を考えると早くに要害が構えられた可能性もなくはない。室町時代には山内上杉氏に仕えていた藤田氏だが北条氏の侵攻によって北条氏邦を養子に迎えるという屈辱的講和を経て用土城への隠退を余儀なくされる。鉢形城、千馬山城と同じく花園城も北条氏に接収されている。天正18年(1590)には前田利家を大将とする豊臣の大軍が北武蔵に進軍してきたが、他の支城と同様に花園城も放棄され守備兵は鉢形城への加勢に向かったと思われる。
花園城 竪堀 石積み
石積み 堀切 三の曲輪跡
土橋 二の曲輪跡 堀切
本曲輪跡 本曲輪跡の土塁 堀切
 花園城は石積が見られる山城ということで知られている。城跡は整備されておらず藪がひどく道もないため迷いやすいとも聞いていた。それほど高い山ではないが北側は切り立っている箇所もあるのである程度の注意が必要な山である。熊が出る心配は限りなく低いが近年は寄居町でも熊が出没しているので警戒はしておいたほうが良い。
 とにかく迷いやすい城だが最もわかりやすいのは善導寺の西にある小さな神社から登る方法である。明確な道はないが適当に登ればすぐに竪堀があるので真っ直ぐに登れば尾根へと着く。自分の居場所を見失うぐらいの藪だが至るところに石積が見られるので面白かった。秩父地方でよく見られる緑泥片岩という石で平たく加工した石を積む技法は天神山城や千馬山城といった藤田氏の城でよく見られる。2度目はそれほど苦労せず迷うこともなく花園城を歩いている。やはり一度来ていると違うもので尾根へ出たあとは東から西へ連なる郭を見て歩いた。2月で蜘蛛の巣もなく樹木の葉も落ちているので二重竪堀が綺麗に見えた。主郭の手前にある堀切は広々としているのでここで食事をしている。主郭には立派な城址碑があるが当時はそれ以外の郭はまったくの手つかずだった。
JR八高線・東武東上線・秩父鉄道「寄居」下車 徒歩40分
秩父路の古城址/有峰書店新社・関東の名城を歩く/吉川弘文館・中世城郭事典/新人物往来社
2004/11/27・2010/02/01