別 名
所在地 埼玉県比企郡吉見町北吉見
築城者 上田友直
築城年 応永6年(1399)
廃城年 慶長6年(1601)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 関東地方の中世を代表する名城だが起源は必ずしも明確ではなく源経基や新田義貞による築城伝説があるが、実際には応永6年(1399)に上田左衛門尉友直による築城とされている。上田氏は現在の東秩父村にある安戸城を拠点とした土豪であり室町時代は扇谷上杉氏の家臣だった。戦国時代に北条氏が武蔵へ勢力を伸ばすと松山城を廻る攻防戦が繰り返されるようになる。天文14年(1545)の河越夜戦で旧勢力の扇谷上杉氏が滅び去り山内上杉氏も一気に衰退の道をたどると松山城は北条氏康のものとなるが、太田資正が奪い返して上田朝直を城代として据えた。旧領に返り咲いた朝直は松山城ごと北条氏に寝返るが、永禄4年(1561)には上杉謙信が攻め落とし、永禄6年(1563)には北条氏康と武田信玄が手を組んで松山城を攻め落としている。その後の松山城は北条氏の支配下として上田氏の居城となり松山衆が組織されている。
 天正18年(1590)に豊臣秀吉が差し向けた前田利家と上杉景勝らの大軍の前にはさしもの松山城も落城し、北条氏に代わり関東の支配者となった徳川家康の家臣松平家広が入城したが、慶長6年(1601)に家広が病死し松平忠頼が浜松城へ移封されたことに伴い松山城は廃城となっている。江戸時代には松山に陣屋が置かれたが松山城が再興されることはなかった。
松山城 笹曲輪跡 本丸跡
空堀と土橋 二の丸跡 空堀
空堀 三の丸跡 土塁と空堀
搦手口の竪堀 岩室観音堂 吉見百穴
 はじめて来たのは高校3年生のときだった。春休みが長かったので退屈を持て余して訪れた松山城にはまだ雪が残っていた。昭和の松山城は荒れ果てており雑木が生い茂っていた。案内板も吉見百穴の近くにひっそりと設置されていた。どこから登るかもわからず仕方なく岩室観音堂から登ったが、残雪が融けて靴が埋まるほどの泥濘で這い上がるのもひと苦労だった。
 国の史跡に指定された松山城は雑木が刈り払われてすっきりとした。堀底も木々が刈り取られて歩きやすくなっていたが逆にこれだけ樹木を伐採してしまうと風雨に晒されて城跡の崩壊が進むことが心配になった。それから6年後に訪れると昔と同じ雑木に覆われた藪山に戻っていた。それぞれの郭に設置された標柱だけが新しくなっていたが、倒壊した城址碑はそのままで主郭の櫓台は立ち入れないようになっていた。史跡としての山城の保存がいかに難しいかを考えさせられる光景だった。
東武東上線「東松山」下車 川越観光バス「免許センター」行で「百穴入口」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・関東の名城を歩く/吉川弘文館
2005/05/14・2006/11/25・2009/12/07・2013/03/27・2019/12/17