別 名 菅谷館
所在地 埼玉県比企郡嵐山町菅谷
築城者 畠山重忠
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 埼玉県立嵐山史跡の博物館
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 畠山重忠が築いた菅谷館がその起源とされる。その後の歴史は曖昧な点が多くはっきりと解き明かされてはいない。戦国時代に北条氏が城代を置いたというが近年は杉山城や茅ヶ崎城などが発掘の結果によって山内上杉氏や扇谷上杉氏の時代に使用された城と定義づけられるようになった。北条氏が版図を広げた過程では特に重要性を感じない地域でもあり菅谷城についても山内上杉氏の改修説が正しいと思う。もっともこれだけの広大な郭を誇る城だけに北条氏の時代も軍勢の往来の途中で人馬を休ませる兵站地点として使用された可能性も十分にあるだろう。
菅谷城 搦手跡の虎口 三の郭跡の土塁
三の郭跡の空堀 三の郭跡の蔀土塁 三の郭跡の櫓台
西郭跡の土塁 二の郭跡の空堀 二の郭跡
主郭跡の虎口 主郭跡 主郭跡の土塁
主郭跡の空堀 南郭跡の土塁 都幾川
 菅谷城へ初めて訪れたのは高校3年生のときだった。素人目に見てもはっきりと遺構がわかることと自宅からそれほど遠くないこともあり20回以上は訪れている。古城の散策という観点だけでなく博物館の企画展に訪れたり蝶の里公園を訪ねて季節ごとの蝶を観察したりといろいろな楽しみのある城跡とも思う。結婚して家庭を持ってからも小さかった娘を連れて何度か訪れた。
 高校生の頃は中世の城を訪ねても何が遺構かわからないことがあった。整備されていない山城の堀切や平地の城館にある崩れかけた土塁などは相当見落としていたと思う。その点でも菅谷城はすべての遺構がはっきりとしており案内表示も充実してわかりやすかった。城のどの部分にどのような遺構が築かれるのかを自分に教えてくれた城でもある。主郭を囲む深い空堀と巨大な土塁は見る者を圧倒する迫力であり郭内を見透かされないように盛られた蔀の土塁などいろいろな工夫が施されている点も見逃せない。歴史博物館が併設されていることもあり常設展示で周辺に残る城跡の歴史を学ぶことや豊富な蔵書に目を通すこともできるのが嬉しい。
東武東上線「武蔵嵐山」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・関東の名城を歩く/吉川弘文館
2006/03/24・2010/02/04