別 名 源義賢館
所在地 埼玉県比企郡嵐山町大蔵
築城者 源義賢
築城年 平安時代末期
廃城年 久寿2年(1155)
現 状 大蔵神社・宅地・農地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定史跡
評 価
 大蔵館は源義賢の居館である。粗暴な兄の義朝に対し義賢は人徳があり北関東の武士から頼りにされていた。精強な武士団と馬を育てるための良い牧が多い北武蔵で勢力を拡大させる義賢は義朝には疎ましい存在だった。父の意を汲んだ義平は電光石火で大蔵館を襲い義賢を討ち果たしている。この戦いには秩父氏の家督争いで不満を持っていた畠山重能も義平に加勢している。このように坂東武者たちにとっても自家の進退を賭けた重要な戦いとなった。
大蔵館 土塁と石碑 西側の土塁
東側の土塁 東側の土塁 北側の土塁
 菅谷城が好きでよく訪れることもあって大蔵館にも数多く訪れている。歴史上で好きな武将は数多いがその中でも源義平の颯爽とした坂東武者らしい姿が好きである。遠い平安時代の人なので人物像は想像するしかないが炎のような短い生涯だったと思う。
 平安時代に築かれた大蔵館は今も奇跡のような遺構を残している。県道の開通で南側の遺構が一部破壊されているが大蔵神社を中心として巨大な土塁が見る者を驚かせてくれる。東の道沿いや民家の敷地内にも土塁は残りそれらを繋ぎ合わせると館跡のかたちが浮かぶ。発掘では室町時代から戦国時代にかけても使われていたというので平安時代の遺構がそのまま残るわけではないが、方形居館の原型が時代の変遷を経て現代まで残っていることに感じ入ってしまう。
東武東上線「武蔵嵐山」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・大蔵館跡案内板
2006/03/17・2015/05/01