別 名
所在地 埼玉県比企郡嵐山町越畑
築城者 庄秀俊
築城年 室町時代
廃城年 戦国時
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 越畑城は児玉党庄氏の一族が築いたと伝わる。破壊された今となっては築城様式なども探ることはできないが、破壊前に行われた発掘調査でもそれほど立派な遺構は確認されておらず烽火台のような役割を果たしていたと考えられている。さしたる要害性があるわけでもなく調査により出された結論通りの城ということだろう。
越畑城 郭跡 腰郭
 真夏の暑い日に杉山城を訪れたあとに越畑城を目指したことがある。武蔵嵐山駅から徒歩で訪れたが途中で熱中症になり関越自動車道のガード下で意識が遠のいた。ペットボトルのお茶を2本購入し1本は喉へ流し込み1本は頭から被った。自動販売機がなければ死んでいたかもしれないがいつのことかはもう覚えていない。
 2度目は10月半ばだったが涼しくはなかった。入口付近の猛烈な藪を掻い潜ると意外と城内はすっきりとしていた。奥に小さな社がある二の郭があった。中心部は関越自動車道の建設で消滅してしまい二の郭と削平も曖昧な腰郭ぐらいしかない。
東武東上線「武蔵嵐山」下車 徒歩1時間30分
日本城郭大系/新人物往来社・続埼玉の城址めぐり/幹書房
2004/10/16