別 名 蕨御所
所在地 埼玉県蕨市中央
築城者 渋川義行
築城年 貞治5年(1366)
廃城年 永禄10年(1567)
現 状 蕨城址公園
遺 構 水堀
移築建造物
再建建造物 土塁
史跡指定 埼玉県指定旧跡
評 価
 蕨に城が築かれたのは貞治5年(1366)のことで足利氏の一門に連なる渋川義行が築城した。室町時代は古河公方に対する拠点として重きをなし戦国時代には扇谷上杉氏の北条氏に対する前衛として機能している。大永4年(1524)に渋川義堯が守る蕨城は北条氏綱に攻め落とされたが2年後に扇谷上杉朝興が奪回した。河越夜戦を契機として関東の情勢は一変し山内と扇谷の両上杉氏は一気に衰退し渋川義堯は北条氏に臣従した。永禄10年(1567)に北条氏と里見氏が争った三船山の戦いで渋川義基は討死し蕨城は廃城となった。江戸時代は徳川家の鷹狩御殿が置かれ中山道の宿場として賑わいを見せたという。
城址碑 復元土塁 蕨城址公園
 市街化の激しい中で蕨城は中央公民館と和楽備神社に挟まれた公園となっている。蕨市は全国で最も面積が小さな市であり少し前までは人口密度が高いことで少しだけ有名だった。平成の大合併でさいたま市への編入をしなかったことからも財政はそれなりに潤っているように思う。実際に蕨の街並みは小ぎれいで清潔感を感じる。
 蕨城址公園は城跡というよりもごく普通の市民公園である。土塁が復元され水堀が池として残っているがとても城の遺構には見えない。昔から蕨城の所在地は戸田市元蕨ではないかとする説が根強いが、その可能性はあるものの戦国時代から近世はじめにかけて存在した蕨城は現在地で正しいように思う。徳川家康が御殿を造営したのもその証左だろう。
JR京浜東北線「蕨」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社
1997/10/10・2011/11/25